MENU

歳をとるとなぜ痩せにくくなる?原因と対策もご紹介!

若い頃はすぐ体重が戻ったのにとため息をつく中高年の方が多いですね。これは誰でもそうなので仕方ない部分もあります。

 

その原因と対策を探ってみましょう。

 

歳をとると痩せにくくなる原因

加齢により基礎代謝が減るから

年齢と共に基礎代謝が減るため、食事の量が減らなければ自然と太ります。若い頃より筋肉量が徐々に減っていくので余った脂肪も燃えにくくなりますね。

 

女性ホルモンのバランスが崩れる

女性はエストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンが分泌されますが、年齢や食生活の変化でエストロゲンが過剰に分泌されるようになります。

 

このエストロゲンは多すぎると脂肪細胞を活性化する作用があるため太りやすくなってしまいます。

 

 

年齢と向き合ってダイエットするための4つの対策

脂肪が多い方に共通しているのは体が冷えているということ。セルライトがついてしまうとますます体が冷えてしまって脂肪が増えるという悪循環が発生しちゃいます。

 

そこで体を温めて基礎代謝を上げていくことを考えてみましょう。

 

 

クーラーや冷たい飲み物を控えめに

体を冷やさないためにクーラーの温度を下げすぎない、できるだけ温かい飲み物を飲む習慣をつけたいですね。白湯や生姜湯、ココアなどをホットで飲んだり、寒い場合はカーディガンや腹巻、ひざかけを積極的に利用してください。

 

 

シャワーよりも湯舟につかる

特に夏場はシャワーだけ、一人暮らしで面倒なのでシャワーという方も多いのですが、これでは体が温まりませんし、眠りも浅くなるのでよくありません。40度前後の湯に15分程度つかることを心がけてください。

 

のぼせる方は何回か湯船の外に出てもいいですし、足湯を利用したり、シャワーで足の先だけ水をかけてから入浴するとのぼせ防止になりますよ。

 

 

炭水化物と糖質は適度に必要

よく炭水化物や糖質カットをするという方がいますが、全くゼロにしてしまうのは実は逆効果。ストレスがたまりますのでやけ食いの原因になりますし、体力が落ちて運動できなくなってしまいます。あくまでも控えめにするということを忘れずに。

 

 

お菓子は和菓子にチェンジ

スイーツ大好きな人が突然スイーツ禁止というのはつらいでしょう。この場合は脂の多い洋菓子から和菓子にチェンジ!もちろん食べすぎはいけませんが、和菓子の方がカロリー控えめなのでおすすめです。

 

 

年齢と向き合ったダイエット対策まとめ

決して無理な食事制限をしないこと。好きなものを一切禁止というダイエットは長続きしないのでやめましょう。

 

間食は量や回数を決めて、3食をできるだけ同じ時間に食べるといった基本的なことを守るだけで少しずつ効果が出てきます。

 

ストレスのないダイエットを目指しましょう!

このページの先頭へ