MENU

内臓脂肪が増える原因って?効率よく落とす方法もご紹介!


内臓脂肪が増えすぎると危険、良くないというイメージは漠然とはありますが、じゃあ具体的になぜかという部分については詳しく知らない人が多いのではないでしょうか?

 

もちろん私もそうでした笑。なので自分なりに調べてみたんです。

 

内臓を衝撃から守るクッションなので、ある程度は必要なものです。しかし、過剰に増えすぎると体に悪影響を与える物質を分泌してしまうんです!これが問題なんです。

 

内臓脂肪から分泌されるものとは?

腫瘍壊死因子(TNF-α)

悪玉物質のひとつでインスリンの働きを邪魔してしまいます。そのため血糖値が上がって糖尿病になりやすくなるんです。

 

プラスミノーゲン活性化因子(PAL-1)

血栓を溶かす働きを邪魔してしまいます。そのため血栓が発生しやすくなり、血管が狭くなります。結果として心筋梗塞、脳梗塞が発生することに。

 

 

内臓脂肪を効率良く落とす方法とは?

早く痩せたいと思って焦ってハードな運動をしてもいきなり脂肪が燃えることはありません。ウォーキングやサイクリングのようなのんびり続けることができる有酸素運動がベストなのです。

 

コツとしては長続きするものをチョイスすること。定期的に動くという習慣がつくことで少しずつ筋肉がついて燃焼効果が出てきますよ。自宅でできるストレッチや簡単な筋トレ(腕立て伏せや腹筋、ダンベルなど)も毎日続けてこそ効果が出るものなので、無理のない程度に行って下さい。

 

 

内臓脂肪を落とすための耳ツボ!

耳にはツボが集中していて、それでいて面積が小さいので素人がツボ押ししても効果が出やすいので注目されています。

 

耳を上下左右に軽く引っ張ってみたり、耳たぶを軽く回してみたり、耳全体を手で包んで回してみたりと暇な時間にいつでもどこでもできます。

 

いきなり痩せるというわけではないですが、血行改善、体質改善、過剰な食欲を抑える効果があるのでダイエットに役立つはずです。

 

 

食事でも内臓脂肪ケア!

極端な食事制限は脂肪は残って筋肉が減ってしまうという悲しい結果を招いてしまいます。1日3食、食物繊維やビタミン、ミネラルをしっかり取るという基本を忘れないのが大事ですね。食事だけで痩せる、という考え方を改めましょう。

 

最近注目を集めているのが酢です。毎日30cc(大さじ2杯)のお酢を摂取することで内臓脂肪を燃やしてくれるため、煮物や酢のもの、または飲み物に混ぜるなどして利用してみてください。冷え性改善効果もあるので大変おすすめです!

 

 

内臓脂肪の効率的な落とし方まとめ

基本は食事と運動です。それだけで効果が出ない場合はサプリや健康食品などをプラスしてみるのもいいでしょう。

 

皮下脂肪よりは落としやすい脂肪なので毎日少しずつでも努力することで効果が出るはずです。

このページの先頭へ